謎解きイベント

【レビュー】リアル脱出ゲーム「偽りの楽園からの脱出」に遊びに行ってきました

こんにちは、ゆるふわパーソナルトレーナーのもんとです。

この記事は

「偽りの楽園からの脱出」に遊びに行ってきた感想について

をお伝えしていきます。

4,5,6月とまったくチケットをとることができず、ようやく参加することができました。
結論から言うと脱出失敗しています。

制限時間60分とありますが、この仕様だと60分とかあんまり意味ないんじゃないかなって思っています。

偽りの楽園からの脱出の感想

普段の脱出ゲームは6人一組になることが多いんですが、今回は10人一組です。
グループチケットだと3万円。

ゲームの仕様上、最低人数3人って書いてますけど、3人はかなり難しいんじゃないかなーと思います。

そして10人だと、一人ひとりの役割があいまいになってしまって、結局何も考えないって人が出てくる可能性もあります。

今回の【謎解きレビュー】大阪ナゾビルで「偽りの楽園からの脱出」で言えば、10人じゃなくて6人でもいいんじゃなかったのかなって思いました。

「偽りの楽園からの脱出」今から脱出に向かう人たちへ

とにかく「ママが恐い」ので怒られ慣れてない人はそれだけで恐怖で動けないかも知れません。

そこを勇気を振り絞って頑張ることで脱出成功につながります。

そして原作は必ず見てから行きましょう。
原作を知らなくても楽しめますが、楽しいの度合が変わります。

知らないと「楽しー」で終わりますが、知ってると「うっほい楽しいぃ!!!!」ぐらいに変化します。

また、ホームページに載っている動画!
これは絶対見てから参加しておきましょう。

個人的には3回ぐらい見てもいいぐらいです。


特にこのCM第2弾!
こんなにヒント出していいの?ってくらいにヒントがあります。

今は何がなんやらですが、やり終えたひとから見たらそういうこと!?ってなります。


つぎに見ていただきたいのが、「ホームページの紹介文」!!

「楽園だと思った世界は、全て偽りだった。」
とある小さなハウスで暮らす子供のあなたはエマという少女から送られてきた一通の手紙によって 平和な日常が”造られた世界”であったことを知る。
「私たちは大人になれない。そんな運命…諦めない!」
一緒に暮らす仲間、そして離れた場所に暮らすエマと協力し、全員でこのハウスから抜け出すことを決意する。
昼夜問わず続く準備。日に日に厳しくなる”優しい”ママからの監視。
決行の日までは残りわずか…
最後まで仲間を信じ抜き、1回限りのチャンスを成功させることはできるのか。
命をかけた脱出計画が、今はじまる!

ここからわかることは「脱出は1回限りである」というヒントと「仲間を最後まで信じぬく」必要があるということ。
最後までってなんか引っかかりませんか?

こんな感じで、紹介文にはヒントが書かれていることが結構あります。

参加する前に音読(声に出して読んでみると気づくことも!?)してみましょう。

偽りの楽園からの脱出の感想まとめ

本当に、凝った内容の脱出ゲームでした。

脱出成功しても、失敗しても楽しめる。それが脱出ゲームの醍醐味ですね。

参加した方は、無事出荷されちゃったよ。とかこれ結構簡単だったよとか感想をコメントもらえるとうれしいです。

ネタバレしているコメントは承認できないので予めご了承ください。
SCRAPさんに怒られるので…

本日はここまで最後までごらんいただきありがとうございます。

もんとブログのオリジナルキャラが物語形式で感想をまとめたものもあります。
癖が強くても平気な方はこちらも見ていただけばうれしいです。