関西ご当地

【天王寺動物園】2019年夏のナイトズーについてオススメ情報まとめ

こんにちは、ナイトズーには毎年遊びに行くゆるふわ系男子もんとです。

この記事は

天王寺動物園 2019年夏のナイトズーについて

のまとめを行なっています。

2018年の夏のナイトズーの様子はこちらから

天王寺動物園のナイトズーについては毎年行っていますが、毎年そんなかわりはありません。
ちょっとずつイルミネーションが綺麗になっていたり、壁が綺麗になっていたりするぐらいです。

「auスマートパスプレミアム」の会員であれば土日来園は無料です。
ナイトズーも土日開催が多いのでお得です。

並ぶ前に画面を出しておくとスムーズに入ることができます。

天王寺動物園には専用のアプリがあります。
今年のナイトズーがどのようにアプリと連動しているかは不明ですが、あらかじめインストールしておきましょう。

前置きが長くなってしまいましたが今年の内容について確認していきましょう。

天王寺動物園のナイトズーのイベント一覧

公式サイト 公式サイト
開催期間 2019/8/3(土)
2019/8/4(日)
2019/8/10(土) 〜 2019/8/15(木)
※それ以外の日程は通常営業です。
開園時間 09:30 〜 21:00
※通常営業時間は17:00まで
タイトル 「この星に生きるみんなで夕涼み」
料金 【大人】500円
【小中学生】200円
【未就学児】無料
※年間パスポートでも入園可能
所要時間 1.0時間
場所 〒543-0063
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108
天王寺動物園
最寄駅 大阪メトロ 堺筋線 「動物園前」駅・「恵美須町」駅
JR「新今宮」駅・「天王寺」駅




▶︎ チュウゴクオオカミガイド(17:30)
▶︎ アイファーガイド(18:30)
▶︎ アフリカサバンナ草食動物ガイド(19:00)
▶︎ テンジクネズミのナイトZOOなでなでタイム(18:30〜19:30)


ー3・4日限定ー
▶︎ ゾウのお宅公開(19:00〜20:30)
ー3・10・12・14日限定ー
▶︎ エジプトルーセットオオコウモリのガイド(18:00〜)

【超オススメ】
ー4・11・13・15日限定ー
▶︎ ホッキョクグマガイド(19:00〜)

秋のナイトズーの時に比べて全体的に1時間程度開始時刻が遅くなっています。

天王寺動物園のチュウゴクオオカミ

天王寺動物園 2019年夏のナイトズー「チュウゴクオオカミのガイドイベント」は、17時半からです。

おやつタイムをしながら、チュウゴクオオカミについて説明があります。

「チュウゴクオオカミ」は別名「チベットオオカミ」とも呼ばれています。
この写真どことなくあの有名な「チベットスネギツネ」に似ていませんか?

あ、もちろん生体的には全く関係ないですけどね。


天王寺動物園のアイファーについて


天王寺動物園 2019年夏のナイトズー「アイファーのガイドイベント」は、18時半からです。

これについては「アイファー」内部で展示されている爬虫類のどれかのガイドになるらしく当日までどのガイドをするか内緒とのことです。

爬虫類好きな方は開催期間は毎日行ってみてください。

アフリカサバンナゾーンの草食動物ガイドについて

天王寺動物園 2019年夏のナイトズー「アフリカサバンナゾーンの草食動物ガイドイベント」は、19時からです。

天王寺動物園のアフリカサバンナゾーンの草食動物たちってなんだか遠いのでここら辺が残念ポイントです。

天王寺動物園のテンジクネズミについて

天王寺動物園 2019年夏のナイトズー「テンジクネズミのナイトZOOなでなでタイムイベント」は、19時からです。


テンジクネズミというとあれですが、別名モルモットです。

テンジクネズミの「天竺」ってあの三蔵法師・孫悟空で有名な「西遊記」に出てくる「天竺」のことで、「インド」を表しているんですが、実はテンジクネズミは「インド」に生息しておらず、南米のギアナってところに分布しています。
それをギニアと間違ってしまったので、アメリカでは「ギニーピッグ」と呼ばれています。
つまり、日本でもアメリカでもどこでも分布を間違って名前が付けられているかわいそうなネズミです。

もっと言えば、この「モルモット」も「マーモット」というリス科の動物に間違えられたために付けられた名前なのでこちらもミステイク。


まとめると分布は「ギニア」でも「インド」でもなく「ピッグ」でも「リス」でもないテンジクネズミです。

天王寺動物園の象のお宅訪問について

天王寺動物園 2019年夏のナイトズー「ゾウのお宅訪問」は、19時からです。

画像は去年のものなので開催時間が異なっています。

天王寺動物園には「象」はいないので、申し訳ないんですが「あ、うん…」で終わります。

天王寺動物園のエジプトルーセットオオコウモリについて

天王寺動物園 2019年夏のナイトズー「エジプトルーセットオオコウモリのガイドイベント」は、18時からです。

建物の中は常に薄暗くされているので、ナイトズーとか関係あるのかなーと思いつつ見ています。

【オススメ】天王寺動物園のホッキョクグマについて

天王寺動物園 2019年夏のナイトズー「ホッキョクグマのガイドイベント」は、19時からです。

他とかぶる時間帯のため、どれかを諦めなければなりません。
なので最優先はこのホッキョクグマのガイドを見てほしいところ。

天王寺動物園といえばホッキョクグマってぐらい「推し」の動物なのでナイトズーの力の入れ方もなかなかです。

写真の通りライトアップも完璧にされています!

天王寺動物園ナイトズーをより楽しむためのマナーについて

一般的に動物園・水族館でのフラッシュ撮影は禁止されています。

もちろん、天王寺動物園でも同様にフラッシュは禁止です。

フラッシュはダメ。
ガラスドンドンするのもダメ!

2019年夏のナイトズー終わりに行く天王寺周辺のオススメスポット

天王寺動物園のナイトズーは早ければ1時間程度で身終えてることができます。
(ほんとはもっとゆっくり見てほしいですが…)

そのあと、デートだったらお洒落なお店に行きたいですよね。

天王寺動物園を出れば、「新世界」コテコテの大阪です。

観光にはいいんですが、デートで串カツはちょっと違うなーってなる場合は次のお店がおススメです。



【動物園周辺】CREAM KITCHEN

このお店だけ通天閣・動物園周辺でお洒落です。
甘いものをちょっと食べながら話したり、お酒を飲みながら話したりするのにぴったりのところだと思います。

【天王寺駅周辺】テンシバ

ちょっと歩きますが、デートでディナーをするならテンシバまで歩くのがオススメです。

「テンシバゲート」から繋がっていますのでそのまま直行できます。

天王寺動物園のナイトズー見れないエリアについて

天王寺動物園のナイトズーですが、夜になると見ることができないエリアがあります。


※公式より画像引用しています

こちらを確認してからナイトズーが始まる前までに見ておくと取りこぼしなく見ることができます。

2019 夏のナイトズーまとめ

ナイトズーのいいところは普段見れない動物の様子を見れるとともに、普段味わえない夜の動物園を堪能できることだと思っています。

いつもだったら別に買わなくてもいいかな?って思う軽食もお祭り気分でつい買ってしまいがち笑

昼に食べるより全然美味しい気がします。

ベロベロにならない程度にお酒とかも飲んでもいいかもしれませんね!