筋トレ

【筋トレ】ボディメイクは面倒と思ってる人ほどなぜかうまくいく理由について

こんにちは、ゆるふわパーソナルトレーナーのもんとです。

この記事は

めんどくさがりほど筋トレは向いている件

についてお伝えしていきます。

ジムで働いていると毎日2時間も3時間もまじめに筋トレをしている人ほどあまり体格が変わっていないことが多いと感じます。

逆にサクッと来て、ササっと筋トレを終わらせている人は、数ヶ月で見た目も数値も大きく変化しています。

これは「筋トレは面倒だ。早く終わらせたい」という気持ちが強いからではないでしょうか。
面倒だからこそ圧縮して淡々と終わらせる。
このように時間を有効活用することが筋トレの結果を出すのに大切だと思います。

今回の記事は、面倒な人ほど筋トレがうまく行く理由とうまくいかない理由についてまとめていきます。

筋トレでなぜめんどくさがりは成果を上げて行くのか?

そもそもめんどくさがりの極みでジムに行かない。運動しない。というのは話になりません。

同じ筋トレをするときに、面倒か。そう思わないかという点です。

筋トレをするのに面倒だと思わない人は、回数を多くすることを苦と思いません。

逆にめんどくさがりは「この運動を30回もするなんてとんでもない。早く終わらせたい」という気持ちが勝ちます。

賢い面倒くさがりの人は、いかに早く終わらせれるかを調べます。

その結果、高重量のものを数回するだけで効果が出ることがわかるため、なるべく重い重量で少ない回数を短時間にこなして終わるため、効果が出て来ます。

「めんどくさい → いかに効率よく終わらせるか。」

という発想に変わっていきます。
仕事でもめんどくさがりの方が要領良く仕事をこなしているのではないでしょうか。

ルーキー
ルーキー
効率化重視にするんだね。

筋トレしたいだけ!ジムで仲間を作るのはめんどくさい。

ジム仲間がいるととても楽しくジムに通うことができます。
一緒に筋トレをしたり・一緒にスタジオレッスンに入ったり・飲みに行ったりなど。

ですがそんなジム仲間を作るのがめんどくさいと思える人の方が筋トレの成果は上がりやすくなります。

筋トレのやり方やフォームはインストラクターやトレーナーに聞くのが一番効率的です。

仲間内でトレーニングを教えたってもその人があなたと同じような体型ということはつまりそういうことです。

さらに、インターバルの間に話し込んだり、トレーニング終わりに飲みに行ったりするのも筋トレの効率を下げていきます。


ボディメイクのためには、飲みに行ったり・話しかけられたりしても断れる勇気も必要です。

ルーキー
ルーキー
たしかに、スタジオレッスンとか仲間ですると楽しいもんね。
ルーキー
ルーキー
飲みにいくのを断ったりするのも大切なんだ

人と話したりするのすらめんどくさい!
そんな時間あったら筋トレしてサクッと帰るだから成功する。

鍛えたいから走ったりする有酸素はめんどくさい

運動が好きな方は有酸素が好きな人がいます。
有酸素を行うとダイエットには役にたちますが、筋肉を大きくしたりするのには効果がありません。

逆に長時間の有酸素は筋肉を分解していきます。

筋肉をつけていきたいと思っているのであれば、有酸素は長くて30分で充分。
それよりもウエイトトレーニングに時間を使っていきましょう。

長時間走るなんてめんどくさい!
そんな時間あったら筋トレしてサクッと帰るだから成功する。

筋トレをする理由が明確でない人ほど長くいる

この章から以降は筋トレは続けているのに成果が上がらない人の特徴をお伝えしていきます。

ジムに通うのが日課になっている人でジムに2時間以上いるというのはよく聞きます。

毎日2時間以上もジムで筋トレをしていたらさぞかしゴリゴリに進化してるのかなという印象を受けますが、そうでもない。

たしかに、普通の人よりかは筋肉が付いているように思えますが、毎日2時間以上もしているようにはとても思えません。

そんな人は、ご自身のカラダについてどうなりたいかのビジョンを持っていないのではないでしょうか。

「ジムに通っていれば大丈夫。」後は好きなものを食べて、好きなことをしていればそれで健康。
このように考えている方もいるのでは?

ルーキー
ルーキー
ジム以外の時間はあんまり意識しないよね。

そんな方はもともとジムに通いだした理由を思い出してください。

その目的・目標はとっくに達成しているのであればさらに上の目的・目標を持って行くことが大切です。

特に筋肉をつけていきたい。という目的を持っていたのであれば、1ヶ月もの間同じ重量で同じ回数、同じメニューというのは全く効果がありません。

それは「現状維持」にしかならないからです。

80歳を超えて私は現状維持で十分というのであれば問題ありませんが、まだお若いと思いますので現状維持を目的とするのはやめておきましょう。

ルーキー
ルーキー
現状維持ってあんまり意味ないもんね。

筋トレしてなんで筋肉が太くなって行くのか知らない。

トレーナーに言われたから、インストラクターに言われたからという理由で何も考えずに筋トレを行なっていても筋トレの効果は上がりません。

その時、すぐ隣について見てもらえていれば色々とアドバイスをもらえ効果は上がりますが、その筋トレがどこに効くのか。なぜこの動きをしているのかを知らないと形だけの筋トレとなっていきます。

また、そもそも生理学的にどう言うメカニズムで筋肉が大きくなっていくのかも知っているのと知らないのではかなり大きな差がついていきます。

1ヶ月後にカラダが変わっていないのであれば、何かしらの要因が絡んでいることは明白です。

今の筋力量をケチって測定をしない。

大抵のジムには精密な測定器が置かれています。
そして大抵有料です。

数百円のところが多いと思いますが、その数百円をケチって1ヶ月に1度すら計らない人がいます。

ルーキー
ルーキー
僕のところは入会特典で無料だったよ!

ボディメイクをすると決めたのであれば、1ヶ月前と1ヶ月後の変化は見えるかをしていく必要は必ずあります。

あなたの1ヶ月間の筋トレは数百円の価値もなかったのでしょうか?

1日30分筋トレをしたとして、20日で600分(10時間)です。
あなたの時給が例えば4000円であったとしたら、その筋トレには4万円の価値がなければなりません。

その上、個別にトレーナーをつけている。ジム会費を払っている。プロテインを飲んでいる。などがあるのでもっともっとあなたの筋トレには価値があるはずです。

数百円をケチって結果を確認しないのは、この数万円の効果が本当にあったのかのフィードバックをしていないことになります。

それを続けていると、毎月数万円から数十万円の価値を犠牲にしている筋トレが正しかった・正しくなかったのかわからないまま毎月を無駄に過ごしてしまった。
と言うことになってしまいます。

ルーキー
ルーキー
筋トレの時間を時給換算したことなんてなかった!

とにかく筋トレのインターバルが長すぎる。

成果が出ない人の特徴として、インターバル(休息時間)が長すぎる傾向にあります。

インターバルは1分から長くても3分で充分。
もうジム内にスマホを持ち込むのはもう辞めよう。

インターバルにわざわざスマホを見るのもめんどくさい。
と言うぐらいめんどくさがりになること。

なぜ長時間筋トレをする人はボディメイクができないのか?

抗ストレスホルモン「コルチゾル」をご存知でしょうか。

人はストレスを感じると血糖値を上げようとします。

筋トレももちろんストレスです。

「コルチゾル」はストレスに反応して分泌されます。

このホルモンは、血糖値を上げる時に筋肉などのタンパク質を栄養にしようと分解します。

ルーキー
ルーキー
せっかくついてきた筋肉が減っていくのか!!

めんどくさい人ほど筋トレが成功する理由のまとめ

仕事も筋トレもめんどくさがりが効率がいい
ジム仲間を作るなんてめんどくさい
長時間筋トレするなんて耐えられない
とにかく早く終わらせるために勉強する
ストレスホルモンが出る前に帰る

どうでしょうか。
本当の「めんどくさがりや」はジムにすら行かずグータラしてるので少なくてもこの記事を見ているあなたは「めんどくさい」けどジムには行きたいと思っているはず。

そんなあなたが「めんどくさい」からこそ筋トレが成功すると言うことを知ることで、少しでもモチベーションが上がったのであれば最高です。

筋トレで結果を出している人「ボディメイク」が成功している人は総じて仕事でも大活躍しています。

筋トレの成功体験が自己肯定感を高めてくれるからではないかと思っています。
筋トレは裏切りません。やればやるほど筋肉がついて行きます。

というわけで筋トレで目標を立てて成功して見てくださいね。