筋トレ

【宅トレ】家で行うトレーニングで最適なダンベルとは?オススメのダンベルは「アジャスタブルダンベル」

こんにちは、もんとぉ( montYRFW)です。



この記事は

家(自宅)用のダンベルの買い方

についてをまとめています。

自宅で筋トレを行う際、どんなダンベルがいいと思いますか?

例えば
今の筋肉量ならこれぐらいかなとか思ってドン・キホーテみたいな格安な雑貨店で買っていませんか。

でもその重さでトレーニングをしても軽くなったらまた購入しないといけませんよね。


ダンベルの重さを自由に帰れる可変式のダンベルがあるのはご存知でしょうか。

このダンベルを利用すれば買い換える必要はなくなります。
しかもコンパクト。



宅トレに最適な可変式ダンベル「アジャスタブルダンベル」とは?



普通のダンベルは、5キロだったら5キロだけですけど、ワンタッチでサクッと重さを変えていけるのが「アジャスタブルダンベル」です。


べつにそんな重さって変えなくていいんじゃないの?
て思いますよね。

トレーニングをある程度していたら気づくと思いますが、筋肉の場所によって重量を変えていかないといけません。


【例えば】
腕の力こぶ(上腕二頭筋)をつけていくトレーニングで腕を上げ下げする「アームカール」というトレーニングがあります。


それと、胸板(大胸筋)をつくるトレーニングに寝転んでダンベルを上げ下げする「ダンベルプレス」というトレーニングがあります。





腕の筋肉の量と胸全体の筋肉の量では大きく異なります。
当然ダンベルの重さも変更しないといけないですよね。


  • 筋肉はすぐに重さに慣れてくる。
  • 場所によって最適な重さが違う。


はじめての「アジャスタブルダンベル」の選び方


ではどんな「アジャスタブルダンベル」があなたにぴったりなのでしょうか。

トレーニングをあまりしていない人には最低重量が2.5kgから選択できるダンベルをオススメ しています。

また購入する際は同じ種類のダンベルを2個セットで買いましょう。

追加購入は微妙に掴み心地が変わったりして気持ち悪いのとトレーニングの効率も落ちてしまいます。


【MRG】可変式タンベル 24kg (2個セット)
【コメント】
この可変式ダンベルは片手2.5kgから選択することができます。
マックス24kgまで増やすことができますので、大胸筋や広背筋以外の筋肉であればこれでOKです。


2.5kg以下のダンベルが不要な理由

2kgのダンベルはペットボトルで代用できるため。
2 ℓのペットボトルでトレーニングをしてみて重たかった場合しばらくダンベルは購入不要です。


ある程度トレーニングをされている方は最大重量が24kgまでというのは物足りない と思います。
特にダンベルフライなどの大胸筋へアプローチする場合は高重量が不可欠ではないでしょうか。
★低価格で抑えたい★ 【価格】
【品質】
【使いやすさ】
【最大重量】20kg
【コメント】 アマゾンのレビュー欄でもわかるように、物によっては、うまくはまらないことがあります。
また重さを変える食べに留め具を外したりするなど時間がかかります。
【価格】
【品質】
【使いやすさ】
【最大重量】30kg
【コメント】 価格は4桁代で買えます。
低価格なものは、鉄製ではないため、重量が上がるについて、直径がでかくなります。
場所を取るのが嫌な方は不向きではないでしょうか。

逆に、やってる感を出すにはこの大きさは最適かもしれません。
【価格】
【品質】
【使いやすさ】
【最大重量】24kg
【コメント】可変式のダンベルで、さらにアジャスタブルダンベルタイプです。
ドロップセット法を用いたトレーニングを行う場合、重量の変更がインターバルとなる恐れがあります。
そういった突き詰めたトレーニングをする際は、5秒で切り替えれるダンベルがおススメです。
【価格】
【品質】
【使いやすさ】
【最大重量】40kg
【コメント】アジャスタブルダンベルタイプで40kgまで変更可能な中級者以上向けです。
これさえあればほぼ、ほぼほぼジム不要ですね。
まとめ
  • あなたにあった最適の可変式ダンベルを購入する
  • その時の筋力だけでなく少し先を見据えて購入する
  • 見据えすぎて重すぎるのを買わない。


ジムでトレーニングするのもいいですが、どうしてもいけない!とか少しでもお金を節約したいって方もいますよね。

「アジャスタブルダンベル」さえあれば、家でのトレーニングの幅が大きく広がります。

プロテインを飲むタイミングも家だと最適な時間に飲める。
トレーニング終わりにすぐお風呂に入れる。すぐ寝れる。

ジムにはない利点もたくさんあります。


本日はここまで、最後までお読みいただきありがとうございます。
すこしでも皆様の参考になればと思います。


あわせて読みたい


【筋トレ】仕事終わり精神的に疲れていてもしっかりジムへ行く方法

ここでは仕事終わりのモチベーションでも筋トレをする方法 をお伝えいたします。
コメントなし

【筋トレ】徹夜明けの筋トレはどうなの?デメリットしかない危険な選択

徹夜明けでトレーニングに行くのはあり・なし について考えます。
私は圧倒的に「なし」です。
コメントなし

【筋トレ】腹筋をうっすら割りたい!3つのルールで誰でもできる腹筋のやり方

うっすら割れている腹筋を作る方法。 すぐにバキバキの腹筋を手に入れるのは難しいし、結局モテるのはうっすら割れている程度 ですよね。
コメントなし

【筋トレ】HMBとは何か?適当に飲んでも効果ない?徹底解説

この記事では「HMB」が本当に痩せるのか。筋肉がつくのかを説明しています。 何もしなくても痩せる。筋肉がつくということは絶対にありえません。 ではどうしたら効率良く「HMB」の利点を引き出していけるのでしょうか?
コメントなし